What's New

5

.「トルコ遊牧民のヴィンテージラグ展」(仮)
日時:2月14日(木)-16日(土)、21日(木)ー23日(土) 28日(木)ー3月2日(土)13:00-18:00(2日のみ―17:00)
場所:清澄白河のBaharさん
http://bahar.bz/

トルコのキリムの展示販売会を行います。
売るためではなく、自分の家族のために作られた時代のコンディションの良いヴィンテージキリムを中心に、キリムクッションカバー、その他小物を用意いたします。
地域や年代ごとに異なる糸質、染色、デザイン、色遣い、用途など、どれ1枚とってもそこに秘められたメッセージを読み取ることができます。
トルコで絨毯問屋歴23年の私がご案内いたします。
トークショーも行う予定です。
在廊日程は追ってお知らせいたします。

オヤマニアの会さんが来年3月1日(金)~3日(日)に西荻のHAPAHAPAさんで「オヤフェスJapan2019」を開催します!!

今回、ブルサ市のオヤフェスに作品出されている方はそのままでも、手を加えたり、作品を追加されてもいいかも。
もちろん出展は任意ですが、いずれも素敵で多くの人に見てもらいたい作品揃いですの参加してくれたらうれしいです。

またブルサでは出展できなかったけど、作品の構想をお持ちで新たに作品を作る方、すでに完成している作品をお持ちの方も新規でよろしくお願いいたします。

みなさまの力作をお待ちしております。
日本全国からの募集です。

詳細については決定事項から順に告知されると思いますので、オヤマニアの会さんのブログをぜひお見逃しなくチェックしてください。

お問合せもオヤマニアの会さんまでお願いいたします。

⇒⇒⇒ オヤマニアの会ブログ
参加申し込みに関するブログはこちらです。 ⇒⇒⇒ 参加申込み
※12月1日(土)19時に参加申込みスタートです。
弊社はブルサの工房で生産されているブルサブランドのシルク糸の日本向け専売店です。
取り扱い品は次の通りです。

1.タウシャンルで昔から使われている未撚りのオヤ専門シルク糸(約270色、約5-6g)
2.刺繍用として作られた6本取りのシルク糸で昔からオヤ糸としても使用されてきたチャマシュル糸。オットマン刺繍やウズベキ刺繍にも最適(約300色、7m綛と70m綛)。

いずれも価格的にもお手頃で遣い応えのある分量です。
基本的に卸しの単位(オヤ専用シルク糸とチャマシュル糸7m綛100本以上、チャマシュル糸70m綛18本以上)での販売になります。お友達とのまとめ購入や日本で小売りをされたい方はご連絡ください。

飛行機代をかけずとも、現地と同じ価格でご購入できます。(国内・国際送料は別にかかります)。
価格はブルサ価格のトルコリラを実質両替レートで計算してお知らせしますので為替により多少変動します。
また蚕繭価格が外貨計算のため、為替により予告なくトルコリラでの販売価格が値上げになる場合があります。
以上、ご了承ください。
「国際シルクオヤフェスティバル」の公式カタログ本ですが、個人で確保できた無料ご提供分の10冊は終了しました。
ありがとうございました。

たくさん確保して、希望される皆様にお送りしたかったけど、印刷部数が少なく、参加者、来場された方にすら十分お渡しできなかった状態だったようですので、無理はできませんでした。ごめんなさい。

少しですが追加できた分は、こちらも無料のご提供には変わりませんが、弊社の商品をご購入されたお客様でもしご希望の方がいらっしゃいましたら一緒に送らせていただきます。
ご希望される方はお買い物の際に一緒にカートに入れてくださいね。、
いつもご贔屓にありがとうございます。


2018年9月下旬よりトルコの郵便局の送料の変更がありました。
急激なリラ安とそれに伴う郵便局の料金改定ですが、一部は日本円に換算した場合、安くなっているものもあります。
本文中に出てくる送料と、実際にレジで計算される送料が異なる事例が出てきますが、レジでの計算が正しいものとなります。
本文の訂正が間に合わないためにおこることですので、サイト全体の送料の訂正が完了するまでご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。