(ジャポンキュペリ・キット)タウシャンル仕様 ブルサのちいさな工房で作られた オヤ用シルク糸  3色セット [ipek009]

(ジャポンキュペリ・キット)タウシャンル仕様 ブルサのちいさな工房で作られた オヤ用シルク糸  3色セット [ipek009]

販売価格: 2,400円(税込)

重み: 24g

数量:
拙著「トルコのちいさなレース編みオヤ」のブルサのページに登場する小さなシルク工房。
昔ながらの道具で手作業でシルクを引き、撚り、染めています。

かつてシルクの町と言われたブルサで、近年は養蚕やシルク産業は低迷し、実働している工房は1つ・・・と言っても過言ではない状態です。
実際にシルク糸を撚っている現場を見れば、これらの糸がいかに面倒で手間暇のかかるものか理解していただけるかと思います。
大量生産はもちろんできません。
細々とですが、シルク糸を求める人がいる限り、汗を流しながら糸を作っています。

極上の日本産のシルク糸に比べてデコボコがあったり、均一でないです。
逆に言えばそのデコボコ感がトルコの古いシルク製のイーネオヤのあの独特の雰囲気を出しているのです。

今回、キュタフュヤ・タウシャンルの女性たちの「思ったようなシルク糸が手に入らなーい」という声をきいて、かつて手に入れて使っていたブルサのシルク糸をお手本に再現されたのがこれらの糸です。
ボリュームや太さなどもほぼ同じなので、私たちには少し大きめの分量かもしれませんが、タウシャンルの女性たちの本来のシルクのイーネオヤに使われているタイプの糸です。

この糸をタウシャンルの女性たちは2本撚りの手撚りで使っているそうです。
カセや色により太さが一定ではありませんので様子を見て、1本、2本、3本とお好みでお使いいただけます。


重量は1カセ約5gと聞いていましたが、約6-8g前後あります。
カセにより重量は一定ではありません。どうぞご了承ください。

3色3綛のセットでご提供します。
タウシャンルのジャポンキュペリ(フクシア)のモチーフを作るときに必要な色を選んであります。
(写真3枚目はジャポンキュペリのモチーフで参考のために載せてあります。)
未使用の新品です。

数量に限りがございますので、興味がある方はお早めにお申し込みくださるようお願いいたします。

送料は600円です。他の商品と同梱の場合は、別途メールにて送料をお知らせいたします。
(ジャポンキュペリ・キット)タウシャンル仕様 ブルサのちいさな工房で作られた オヤ用シルク糸  3色セット [ipek009]

販売価格: 2,400円(税込)

重み: 24g

数量: